文化人類学と公衆衛生学(グローバル・ヘルス)を専門に学び、医療人類学という学際領域で調査研究を行っています。これまで、子どもと若者の健康や福祉にかかわるいろいろな研究にたずさわってきました。医学・医療系教育における医療人類学の教育モデルと教育手法の開発にも取り組んでいます。エスノグラフィという研究手法を使い、タイと日本でフィールドワークを継続しています。

お知らせ

本の情報

講演会・座談会

2019.03.16

「現代の生老病死と向き合い、支え合う医療とは―現代医療と医療人類学の協働」
(於 勤医協月寒ファミリークリニック 札幌市)

2019.01.23

「看護研究の進め方 エスノグラフィー」
(於 獨協医科大学 栃木県下都賀郡壬生町)

2015.03.18

株式会社医学書院 『週刊医学界新聞』医療人類学鼎談 3月掲載
新聞(PDF)Webでご覧いただけます。

更新情報

2019.02.14

Study Group のなかで、2019年2月現在の研究活動について紹介しています

Research areas 研究分野

医療人類学、グローバル・ヘルス、子どもの健康・医療、
医学・保健医療学教育、エスノグラフィ

Medical Anthropology, Global Health, Pediatric Health & Medicine,
Medical and Health Sciences Education, Ethnography

I am a medical anthropologist with training in cultural anthropology and public health (global health). I have been involved with a variety of research projects related to the health and welfare of children and youth. Additionally, I am working toward the development of a model curriculum for the teaching of medical anthropology in Japan. Finally, I conduct fieldwork in various institutional settings such as multinational corporations, medical schools, primary schools, clinics and hospitals in Thailand and Japan through an ethnographic approach. I also engage in community research collaboration between medical, health, social scientists in Northern Japan.

Page Top