Health Ethnography
医療人類学とグローバルヘルスの視点から人間の健康とウェルビーイングを研究しています
Medical Anthropological and Global Health Perspectives on Human Health and Wellbeing

お知らせ

本の情報

講演会・座談会

2022.02.27

「ヘルス・エスノグラフィー保健・医療・福祉への質的研究アプローチ」

2021年度 日本看護研究学会北海道地方会

於 北海道医療大学サテライトキャンパス

2021.08.09

「子どものいのちの育ち・育みと『地域』」

2021年度⽇本発達⼼理学会 北海道地区シンポジウム

⼦どもたちの「⽇常」―地域研究から考える― 

2021.07.10

「遠隔教育と人への構え」

認定NPO法人健康と病いの語りディペックス・ジャパン 開催オンライン・医学教育シンポジウム

医療におけるアートとは?~人への ”構え” の視点から

2020.12.24

「ヘルス・エスノグラフィの可能性 」

医学書院 『週刊医学界新聞』寄稿 10月掲載
Webでご覧いただけます。

2015.03.18

「現場で思考する医療人類学」

医学書院 『週刊医学界新聞』医療人類学鼎談 3月掲載
新聞(PDF)Webでご覧いただけます。

更新情報

2022.02.02

Study Group のなかで、2022年2月現在の研究活動について紹介しています

Research areas 研究分野

 

医療人類学、グローバル・ヘルス、子どもの健康・医療、
医学・保健医療学教育、ヘルス・エスノグラフィ(HG)

Medical Anthropology, Global Health, Child and Adolescent Health,
Medical and Health Sciences Education, Health Ethnography (HG)

I am a medical anthropologist training in cultural anthropology and public health (global health). I conduct a variety of research projects related to the health and welfare of children and youth. Additionally, I am working toward developing a model curriculum for the teaching of medical anthropology in Japan. Finally, I conduct fieldwork in various institutional settings such as multinational corporations, medical schools, primary schools, clinics and hospitals in Thailand and Japan through a health ethnographic approach. I also engage in community-based research collaborations between medical, health, and social scientists in Japan’s Hokuriku and Hokkaido regions.

Page Top