研究会

HOME > 研究会

研究会について

現在行っている研究

2018年4月~現在まで

「子どもの退院後のヘルスケアにおける意思決定と自己形成」(代表 道信良子)

2015年11月~現在まで

「子どもの治療に対する意思決定に関する観察研究」(代表 道信良子)

2016年4月~2018年3月

「島の子どもの生活風景とウェルビーイング: 写真と語りを用いた医療人類学の実践的研究」(代表 道信良子)平成29年度札幌医科大学特定医学研究推進事業・学術振興事業

2016年4月~現在まで

北海道札幌市のファミリークリニックで、高齢者の集まりについて参与観察しています「北海道における高齢者の孤立化に関する発展的研究」(代表 船木祝)の一環としての活動

2016年4月~現在まで

北海道札幌市の急性期病院で、せん妄ケアの質評価指標の開発のための質的研究を行っています「 急性期病院におけるせん妄ケアの質評価指標の開発」(代表 長谷川真澄)のメンバーとしての活動

 

研究会

2011年10月~2015年3月
国立民族学博物館共同研究
「現代の保健・医療・福祉の現場における子どものいのち」研究代表者
2004年10月~2008年3月
国立民族学博物館共同研究
「健康・医療・身体・生殖に関する医療人類学の応用学的研究」研究員
2003年4月~2006年3月
お茶の水女子大学21世紀COEプログラム
「ジェンダー研究のフロンティア」 プロジェクトC-5
「女性の身体観と『月経・妊娠・出産・閉経』の文化的・社会的変化に関する研究」COE客員研究員

科学研究費助成事業

子どもの退院後のヘルスケアにおける意思決定と自己形成(代表 道信良子)

研究期間:2018年4月1日~2021年3月31日(予定)

研究分野:子ども学および保育学関連

研究種目:基盤研究(C)

研究機関:札幌医科大学

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-18K02487/

Page Top