ヘルス・エスノグラフィ

HOME > ヘルス・エスノグラフィ > ヘルス・エスノグラフィに関する研究成果を追加しました

ヘルス・エスノグラフィに関する研究成果を追加しました

2019.06.01 UP

 

  1. 道信良子: エスノ/フォトグラフィック・フィクション. 日本文化人類学会第53回研究大会 仙台市, 2019, 6
  2. 道信良子, 竹林晃, 家里琴絵, 五十嵐敬太, 山本雅樹, 堀司, 堤裕幸: 子どもの信頼に応える―小児がん医療の協働意思決定. 第122回日本小児科学会学術集会. 金沢市, 2019, 4
  3. Michinobu R: Relational sense of self: Children’s shared decision-making in cancer wards. The Society for Applied Anthropology 79th Annual Meeting in Portland. 2019, 3.
  4. 道信良子・船木祝: 晩年を集って生きる女性たちの語り―こころの風景を繋いで. 地域ケアリング 21(3): 61-63, 2019
  5. 道信良子: 看護研究の進め方 エスノグラフィー. 獨協医科大学看護学部研究推進委員会FD委員会共催教員研修 栃木県下都賀郡壬生町 2019, 1
  6. 道信良子: 老いの彼方へ―札幌市内のファミリー・クリニックに集う女性たちの老いの様式. 北海道生命倫理研究 6, 30-34, 2018-03
  7. 道信良子: 高齢女性のひとり暮らし. 北海道生命倫理研究会第9回セミナー(2016年度冬季)札幌市, 2017, 2
  8. 道信良子: 島の子どものウェルビーイング. 発達心理学研究 28(4): 202-209, 2017-12
  9. 道信良子: 看護研究におけるヘルス・エスノグラフィ―看護の実践への展望. 文化看護学会誌 9(1): 10-14, 2017
  10. 道信良子: 健康と医療の人類学. 看護研究 49(7): 552-556, 2016
  11. 道信良子: 北の島で育つ. 日本発達心理学会第27回大会編集委員会企画シンポジウム「『非定型』の視座から発達進化研究のフレームワークを再考する」, 札幌市, 2016, 4
  12. 道信良子: 医学教育における医療人類学―ヘルスサイエンスとしての視点と方法. 第59回医学教育セミナーとワークショップ, 岐阜市, 2016, 1 https://www1.gifu-u.ac.jp/~medc/seminarworkshop/2016/59th/s1.html
  13. Michinobu R: The wellbeing of children and the community: Interactions between children and the natural environment on a remote Japanese island. 15th Congress of the International Society of Ethnobiology, Makerere University, Kampala Uganda, 2016, 8
  14. Michinobu R: Beyond Narrative—An Autistic Child’s Bodily Representation of His Life. 7th International Conference of Health Behavioral Science, London, United Kingdom, 2014, 9
  15. Michinobu R: Body, Health, and Medicine through the Eyes of School Children in Japan. The Society for Applied Anthropology 2014 Annual Meeting in Albuquerque. 2014, 3.
  16. 道信良子: 研究を始めよう. シリーズ講座「臨床研究を行うために①」 北海道作業療法 29(3): 118-122, 2012
  17. 道信良子: ヘルス・エスノグラフィ―子どものフォトボイスを事例として. 第16 回作業科学セミナー特別講演 作業科学研究 6(1): 15-19, 2012 http://www.jsso.jp/JJOS/JJOS6(1)/JJOS6(1)-04.pdf
  18. Michinobu R: Ethnographic approaches to HIV/AIDS education in Japanese multinational corporations—at the intersections of medical anthropology and global health. An International Conference of the Society for Medical Anthropology. Connecticut, 2009, 9
  19. Michinobu R: A Prospective Policy Analysis of HIV/AIDS Policies in Japanese Multinational Corporations in Asia. The APHA Annual Meeting & Exposition. Washington DC, 2007

 

| ヘルス・エスノグラフィ 一覧


Page Top